だからこそ市場よくはよい常に

投稿 日曜日, 11 月 30, 2014

 

ピアチェンツァ, 29 11 月-提示の後 数週間前に, 訪問するきた よく市場 GeishaGourmet.com のピアチェンツァの. 独立したブドウ栽培者の人々 は長く、そしてフレンドリーな知人によってリンクされているそれらのいくつかが好きです。, これはへの取り組みに対する通常批判的態度を維持するために私を妨げません: 何のため彼らは私を呼び出す 教授!

問題 – いわば – は、ここでピアチェンツァの, 今年 1 年後, 少なくなり、批判するのには, 注意して聞いてと主催者の証拠. しかし、これは古典的なホール, 座席はより快適な真のバーによって作られました。: 基本サービス, だけでも、おいしいコーヒーや水のシンプルなガラス, この状況では特に… 2 回目のレストランによってを署名されて Spigaroli 兄弟 (申し訳ありませんがない場合) いくつかのより多くのテーブルを拡張されています、, 尾はラッシュアワーにも耐えられるように.

スペースの振幅は、市場の特徴を表す要素です。. ベンチの長い行の間の広い車線スーパー マーケットのトロリーのアジャイル毒味役通過を許可します。, ますます多くのボトルの負荷, ボックスとも胸の, 危機のギャロッピングにもかかわらず: 反対に, 良いワインは、誰かは、受信者に非常に喜ばせるのためのクリスマス プレゼントをすることができます。.

Bottiglie_logo_FIVI

ここではメーカーと遠ぼえまたは耳をストレッチすることがなく話す, 試飲冷静品種と全体のワイン イタリアを表す型, セラー、ブドウ畑との直接の声でナレーション コミットメントと努力を置く. ワインとブドウを忘れて、回復を発見します。, 屈折の現代伝統, 高齢者技術ワイン若いネオコンと顔: «Ie, この赤の権利に触れない, それはどのように». 時々 それはとてもよくないです。, しかし、どんな.

Mercato_2

ベンチ, 各エディション, 数で増加し続ける (彼らに到着しました。 265); 純粋な味の平均品質, 私には十分の特定の提案を与えることができません。. いくつかの言及を捧げることを好む, すべて私, 私が会った-いくつかのワインか認識 – この機会に, 他のボトルを打たれた 1 つだけを指しているとそれを持ち帰った. 他の誰もしたくないです。, 何を私は本当によく!

驚き: Duline からのワイン, サン Giovanni al と (UD). ファイエラ、Lorenzo は元のペアを持っている '、地球との相乗効果に戻る»; Morus アルバ (デッレ Venezie IGT 白, マルヴァジア istriana とソーヴィニヨンから) 私の味覚芽を持つ完全な相乗効果で.

確認: Longariva, ボルゴ ・ サッコ ・ ディ ・ ロベレート (テネシー州). 非常に充実した範囲を達成するために 39 ヴィンテージ; Graminè (ドロミテの白ワインのブドウ畑, da ピノ ・ グリージョ) 必見のロゼ, 美しい色のタマネギの皮から.

トレンティーノ ・ ビス: Bellaveder, マゾ ベルヴェデーレ ・ ディ ・ Faedo (テネシー州). 誰かがクロス ブドウに向かってバイアスを持っている場合, 1 つの味 聖ローレンツ (DOC トレンティーノ, Müller トゥールガウ州から) すぐに行くように.

プリンセス: イライザー Mazzavillani ワイナリー マルタ V.g, カストロカーロ ・ テルメ (FC). 磁器の顔とロマーニャの硬化, サンジョヴェーゼのリニューアルの主人公 – 様々 な解釈を提供 -, 白だけを生成する続行する署名に励まされ Delyus (アルバナによって, pignoletto とグレケット). ありがとう.

下で ヴェネト州から: ロベルト Porciello カッシーナ ボッカチオ Tagliolo ・ モンフェッラートの (アル), 若い DOCG Ovada の"dolcettista", 輝く白ボトル入り rifermentato を経験しました。 シュール ・ リー. 彼は洗礼を施される Infernot: 私が好きだった.

0
2 応答
  • Massimo
    12 月 1, 2014

    美しいと正直なレビュー. 私は注意し、プロデューサーを登録, まだすべての私のしようとして価値. また左側の私の印象とアラートの私のリストのブログです。

    すぐにあなたと 1 週間の良いスタートを参照してください。

    Massimo

  • Ahmed Abdelhalim
    12 月 1, 2014

    感謝の, 親愛なる Massimo.
    判断しているのかはよく分からない、 “美容” 自分の作品の; 誠実さ, はい, すべての単語にそれを置くと確信します。.
    一人で incrociarci の喜び, 多分私の Oltrepo の丘!

どう思いますか?

あなたのメール アドレスは公開されません。. 必須フィールドをマークします。 *