http://geishagourmet.com/2012/02/23/milano-tano-passami-lolio/

ミラノ | 田野 passami l'olio

投稿 (木曜日), 2 月 23, 2012

すてきな場所. 楽しい, 翻訳元, ちょっと’ 本当に面白いが、高価です, グルメを話す. これはオリーブ オイルの寺, そんな「バターの使用はほとんど禁止されている, いくつかの冷たい料理鞭を除いて, 醤油 (タマネギの, ニンニク, エシャロットとそのようなもの) 不必要な時代遅れそれを見つける, すなわち, ボディと好みを与える私は見つける不必要なこれらの成分の構造はあまりにも多くの負担をかける, (その他のソフトのバージョン) しかし、可能な限り選択した製品の整合性を保つためにしてみてください。, クリームはも考慮されません», パトロンに重点を置く, ガエターノの Simonato, 友人のため, メモ, 田野. と’ 1990 年代初頭, リグーリア州の工場を訪問中, 緑の黄金の情熱によってダマスカスへの道を打たれる, 多くのままになります. このため, そのレストランで見つけることができます。 40 田野によって個人的にオリーブ オイルを選択, 各特定の料理やお皿の上の演劇のための完璧に適しています, も 1 つを作るライナー “承認”, すべての夜を焼く、温かいパンなど. これは動作します. 台所の挨拶をした後 – 私は夕食の 1 つだった本当に魅惑的です, サンゴとムースのタリオリーニ甲イカとアップルの半透明 raviolo – オイルの表 4 ボトルに到着します。, イタリアの異なった部分から, 空の料理. 田野要請あなたそれらのすべてをしようとします。, 楽しんで、味とその儀式の多くとして機密とうれしそうな家である、 “scarpetta”.

感情の連続を経由して, 牛肉とトリュフのアイスクリームとトリュフ オイルを伴ってのタルタル付属ピーク; 液体の卵とトリュフのニョッキ; タフィーとの奇妙なこととメレンゲのボール.

4 つのガール フレンドと私は戻って来ている少し’ 10 代の若者と夜は本当に思い出に残る. 田野は、テーブルで頻繁にしかし非侵襲的なプレゼンスを提供しています, かわいいありそう多くの事を伝える. レストランは本当にかわいい (sigar ルームのボーナス), 漠然とフレンチ スタイル, そこに隠れて, ミラノ ナヴィーリオ グランデの通り.

その料理の一つは、黒トリュフとバルサミコ酢と砂糖と Orange-Scented Caldiff の glassetta でデ シェーヴル crotin, フランベにホールの準備: ショーの楽しみ, すべての 5 米国, 皿を作らなかった私クレイジー. しかし、我々 した悪い ;), このレシピの多くのファンを斟酌…

http://www.tanopassamilolio.it/

0

コメントはまだありません。.

どう思いますか?

あなたのメール アドレスは公開されません。. 必須フィールドをマークします。 *