http://geishagourmet.com/2010/09/27/lunita-ditalia-si-fa-nel-piatto/

お皿はイタリアの統一

投稿 (月曜日), 9 月 27, 2010

ええええ, 我々 の時間からそれを言う. 人々 の文化におそらく主にその美食の伝統, 多くの本よりも教えてください。 (または少なくとももっと楽しく) 国の物語. そう考えたにちがいない必要がありますあまりにもシェフのフォリーニョで集まった “イタリアの最初”, イベントは毎年ブーツの最高の料理を提供しています。 (定休日 26 9 月), 今年は、発明のためにフィット見てきました 150 アドホック大皿イタリア統一の記念日.

スープに白羽, 全国のスープ, 20 の食材を使った, イタリアの地域から来ているそれぞれ: 含まれている料理を置く卓越性だけでなく、グラッパのような予期しない意外な食材野菜, サフランとピスタチオ. 骨の折れる作業が 20 の異なる製品を混在させる管理します。, しかし 多くの仕事および無数の試験後, シェフ ・ ド ・ “イタリアの最初” 彼らは成功したと, 私たちの国で初めての, フォリーニョでちょうど香りを起死回生の料理を味わうことができます。, 味と色で, 本質, 伝統と、とてもバラエティに富んだイタリアの特殊性.
これらは、料理の食材: D'arnad をラードします。 (ヴァッレ ・ ダオスタ州), 米 (ピエモンテ), ベラ ロディ粒 (ロンバルディア州), スペック (トレンティーノ ・ アルト ・ アディジェ州), グラッパ (フリウリ ・ ヴェネツィア ・ ジュリア空港), バジル (リグーリア州), ラディッキオ Pgi (ヴェネト州), サフラン (サルデーニャ島), チェルヴィア塩 (エミリア ・ ロマーニャ州), 経験豊かなベーコン (トスカーナ), エキストラバージン オリーブ オイル (ウンブリア州), スペルト小麦 (ブランド), ズッキーニ ・ ロマネスコ (ラツィオ州), スルモーナからニンニク (アブルッツォ州), 中のバター豆 (モリーゼ州), Sarconi 豆 (バジリカータ州), Pomodorino ・ デル ・ Piennolo (カンパニア州), 赤玉ねぎ (カラブリア), 緑ブロンテのピスタチオ (シチリア島) オリーブ (プーリア).

それらの人, 私のような, フォリーニョではなかった, それまですることができますこの三色スープどこをテストしたり、少なくとものレシピ?

0

コメントはまだありません。.

どう思いますか?

あなたのメール アドレスは公開されません。. 必須フィールドをマークします。 *